ホウ酸は人体に無害で
シロアリに効果的な安心安全な防蟻剤

ホウ酸とは聞きなれない言葉かもしれません。
主にホウ酸はゴキブリや白アリなどの害虫駆除に使われています。
害虫駆除というとカラダにも害があると思われがちですがホウ酸は哺乳類には無害な安心なものなのです。
カラダに無害な安心なホウ酸を使って害虫からご家族の安全やおうちの劣化、腐蝕を防ぎます。

ホウ酸は、木部に処理すると腐らなくなり
害虫にも食べられなくなり
結果的に地震時にも強い住宅を実現する
優れた木材の保存剤です。

「安心」「安全」「恒常性・再処理不要」「最長15年保証」の自然素材・ホウ酸による、これからの防腐防蟻(ぼうふぼうぎ)処理工法、100%責任施工の木材劣化対策「ボロンdeガード®工法」。
・ホウ酸は木部から無くならない限り、ずっと効果を発揮し続けます。
・木材に含ませるホウ酸量により、その効果が決まります。
・木材に含ませるホウ酸量はホウ酸濃度とその処理量に比例します。
・効果=ホウ酸の濃度×処理量×雨対策。
日本の住宅は世界先進国のそれと比べて建物の寿命が半分から1/5ほどしかありません。
建物の評価が低下するはもとより、ここでの寿命とは物理的に生活できない状態になることをいいます。
本来、日本の住宅は、諸国に比べて厳しい建築基準法をクリアするために素晴らしい技術で作られています。それなのに、平均寿命は30年と言われています。これではローンの支払いが終わらないうちに建て替えなければならないということになります。
その要因を大きく占めるのが、湿気雨漏りなどにより活発となった腐朽菌により木部が腐り、キクイムシ等の木部を劣化させる害虫類に蝕まれ、そして、私達が気づかないうちに被害が進行しているシロアリによる食害があげられます。
また、昨今では、これまでの日本のシロアリ対策を覆して猛威を振るっている、外来種のアメリカカンザイシロアリの被害エリアの拡大があります。

外来種アメリカカンザイシロアリの被害が
年々日本で拡がっている

以前の日本でのシロアリのイメージは、ジメッとした床下の地面から登ってきて、家屋の柱などを食い進むものでした。
日本の代表的なシロアリは適度な水分がないと生きていけず、家屋の中を上へ上へと進むには自分たちの身体を乾燥から守るため、蟻道と呼ばれる土でできたトンネルを木の表面に作り、その中を食い進んでいくものがシロアリというものでした。
ところが、外来種であるアメリカカンザイシロアリが家屋の二階からでも入り込み、水分の無い乾いた木材でもバリバリと食べてしまうようになってしまったのです。
もともと日本にいなかったアメリカカンザイシロアリは、カリフォルニア州を中心に猛威を振るっていました。
ハワイ、ヨーロッパなどの諸国では、アメリカカンザイシロアリへの予防をしないと、木造の住宅を建ててはいけないというくらい、深刻な被害を発生させる種類なのです。
国内では1970年代に東京江戸川区で初めて発見されたと言われ、2019年現在では関東を中心に日本各地で被害が報告されています。
経路は、輸入した家具に潜んでいた、とされています。そのほかに輸入された建築材料などにも被害が見られているケースが報告されています。

駆除・予防と対策
安心安全・長期間効果持続の
ホウ酸防蟻処理

もし、万が一お住まいにアメリカカンザイシロアリの被害が出てしまった場合は、対処としての完全な駆除までは数年の時間が必要となります。
アメリカカンザイシロアリは群飛の季節に動きが活発になりますので、駆除の作業は翌年の群飛の季節までの予後調査をセットとして、作業計画を立てる必要があります。
構造があらわになっている新築の建築中とは違いすでに生活が始まっている住宅では、屋根裏、壁の内部、床下など物理的に処理がしづらい箇所が出てきます。
駆除作業自体は特定の部分箇所だけでしたら一日前後、家屋全体に被害の進行が見られた場合、大がかりな例では壁や床を開けるなどの大工工事と並行で一週間から二週間かけて行うこともあります(大工工事も自社施工で行えるのが当社の強みです)。
糞粒を発見して被害箇所の限定ができたとしても、どこまで被害が進行しているかは外から見ただけではわかりません。
また、ホウ酸処理により活動範囲を著しく狭められた残党が、駆除作業の数日後に最後の力を振りしぼり糞粒を出すケースもあります。
しかし、一度ホウ酸で処理した木部であれば被害の再発はせず、恒久的に予防効果が続くので、予算に応じて今年は二階の和室の処理にとどめ、翌年、予算に余裕が出たら一階のリビングをリフォームも兼ねて大がかりに処理する等、「効果を貯めていく」ことができます。
結果とても経済的で、他の住宅メンテナンスに費用にあてられます。
最終的には、家屋内の木部全てへのホウ酸処理ができれば理想的です。
ボロンdeガード®は、アメリカカンザイシロアリの木部内での活動範囲を徐々に狭めて、最終的に消滅させ、同時に恒久的なバリヤーをお家に作る。
これが自然素材のホウ酸を使った効果であり、人の健康を脅かすことなく、お住まいを守り、被害地域を拡げず、環境も汚さない、本来の防腐防蟻(くさらせない、たべさせない)処理なのです。

タイト・モールド

最も効率的な基礎から断熱性能をアップする工法をご提案いたします。

天然無垢の材料

集成材ではなく無垢材にこだわった注文住宅は人気の住まいです。

デコスドライ

自然の素材の持つ力を最大限に生かした断熱材。

ホウ酸

人間に無害の安心なホウ酸を使って白アリ予防。

お問い合わせはこちらから

お電話で問い合わせ メールで問い合わせ